Blog&column
ブログ・コラム

子どもに早いうちから英語を学ばさせるメリット

query_builder 2021/07/01
コラム
alphabet-blur-books-close-up
2020年の教育改革により小学3年生から英語の授業が始まるようになりました。
早いうちから英語学習が始まることに対し、我が子がちゃんと付いてけるかどうか不安になる親御さんも多いのではないでしょうか。
中には小学校の英語授業が始まる前に、英語を学ばさせようと考える方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、子どもに早いうちから英語を学ばさせるメリットについて解説します。

▼英語を学ばさせるメリット

■メリット①英語の聞き分けができるようになる

多くの日本人は英語を学んでもLとRの聞き分けや発音が苦手です。
幼少期の頃、特定の言葉しか聞いていないと、その後他の言語の聞き分けが難しくなるからです。
そのため幼い頃から、英語を聞くようにすればLとRなどの聞き分けができるようになります。

■メリット②英語が上達する

日本人が英語を使いこなせるようになるには約2,000?3,000時間必要と言われています。
しかし、日本の教育では1,000時間にも達さないため、学校へ通っていても英語を習得するのが難しいです。
幼児の頃から英語に触れておけば、単純に英語を学習する時間が増えるので英語の上達が見込めます。

■メリット③ネイティブに近い発音ができる

10歳頃までに英語を学べば、ネイティブの発音ができるようになると言われています。
逆に10歳を過ぎると生物学的に学習が難しくなるので、ネイティブの発音を身に着けさせたいなら早めに勉強を始めるのがおすすめです。

▼早期の英語教育はメリットがある

幼いうちから英語に触れておけば、今後に役立つことがわかりました。
英語学習は現代において必須とも言えるので、早めに英語学習に取り組んでみてはいかがでしょうか。
STARLET study room of art brainでは、幼児の英語学習をおこなっているので気になる方はぜひお問い合わせください。

NEW

  • 谷町6丁目の個別指導塾 starlet study room of art brain ブログを始めました♪

    query_builder 2020/12/26
  • 子どもが国語を苦手になる理由について解説

    query_builder 2021/09/15
  • オンライン英会話のメリットについて解説

    query_builder 2021/08/15
  • 英会話や英語を学べる保育園、プリスクールについて

    query_builder 2021/08/01

CATEGORY

ARCHIVE